© 2016 by Right to Peace

平和への権利とは

あなたにできること・署名

世界の動き・日本の動き

     日本

     ・韓国

     ・スペインNGO

     ・イタリアNGO

     ・スイスNGO

     ・コスタリカ

     ・ASEAN

     ・国連

     ・UNESCO

     ・平和大学

平和的生存権と9条のつながり

資料室

イベント

リンク

Facebook

Twitter

​お問い合わせ

更新日 2017年2月6日

活動履歴

August 5, 2016

平和への権利 国連宣言

人権理事会で初めて草案が採択される!

平和への権利国際キャンペーン・日本実行委員会

事務局長  笹本 潤

2008年以来、国連人権理事会では平和への権利を国際法典化する決議が約3分の2の多数の政府により毎年採択されてきました。それ以来、人権理事会の諮問委員会の草案や、各国代表による作業部会が毎年開かれて、国連宣言案の内容が審議されてきました。

2016年6月、これまで法典化に最も積極的だったキューバ政府らが、2016年6月の人権理事会に宣言案を提出しました。今までの人権理事会の決議は、諮問委員会や作業部会で審議を進めるべき、といった手続きに関するもので、宣言案の内容自体の決議は初めてでした。

第32会期人権理事会の最終日の2016年7月1日の午後6時、平和への権利国連宣言案が賛成34、反対9、棄権4で採択されました。採択された宣言案は、第1条に、right to enjoy peace(平和を享受する権利)が入るもので、今までアメリカや...

March 5, 2016

日本の憲法問題と国連・平和への権利のマッチング!

●院内集会「安保法制と平和的生存権」

 シリア空爆、難民の大量発生、大規模テロの発生で、ひとりひとりの生命権が
否定されている。貧困層の増大、格差の拡大で生存権が脅かされている。そんな中
で、日本では集団的自衛権を行使するとして戦争できる体制が作られた。
 日本で、世界で平和に生きることが基本的人権として尊重される社会つくりが
始まっている。いまこそ国連人権理事会で議論されている「平和への権利」の世
界法典化を日本から推し進めよう。

2016年3月25日(金) 16時~18時
会場 衆議院第2議員会館 第1会議室
プログラム
 ◎「安保法制と平和的生存権」
    報告者 弁護士    伊藤 真 
    安保法制の違憲訴訟を準備する立場から
 ◎「ASEAN人権宣言と平和への権利」 
    報告者 関東学院大学 武藤達夫
    平和をつくる世界の流れを国際法学者の立場から
 ◎「東アジアの安全保障と...

September 21, 2015

全世界の平和的生存権を侵害する安保法制が参議院で可決され、法制化されてしまいました。平和への権利日本実行委員会では抗議声明を出しました。 引き続き廃案になるまで追い込みましょう。同時に、9月14日から国連事件理事会で平和への権利の審議が行われています。国連宣言を成立させて、国際的にも安保法制を追い込んでいきましょう。引き続き平和への権利国際キャンペーンへのサポートをお願いします。

安保法強行採決に強く抗議します

We Condemn Forcing a Vote on Security Bills

――集団的自衛権は平和的生存権を侵害します――

The Right to Collective Defense Encroaches the Right to Live in Peace

 安倍自公政権与党は、圧倒的多数の市民の反対意見を無視して、戦争を招きよせる安保法を強行採決しました。

The coalition government Parties – LDP...

May 16, 2015

6月6日に、平和への権利の国連作業部会の報告会を青山学院大学で行います。コンセンサスに達したのか?

審議の様子と今後の課題について報告、討議します。

同時にフィリピン移民問題の学習会も続けて行います。

March 2, 2015

2015年4月に、国連人権理事会で平和への権利の作業部会が5日間にわたって開かれます。日本政府は、今のところ平和への権利の法典化に反対の立場ですが、国会でもこのことを取り上げていけるようにしたいですね。日本の憲法の平和的生存権が世界化されようとしているのですから。

日時: 2015年 3月 19 日(木)  16:00 ~18:00 
場所:衆議院第 2議員会館 4会議室(地下 会議室)

主な内容:

– 国連での「平和への権利」について

   武藤 達夫(国際法・関東学院大学准教授)

– 想定される「戦争関連法案」と「平和への権利」について

   飯島 滋明(憲法学・戦争をさせない1000人委員会事務局次長)

主催:平和への権利国際キャンペーン・日本実行委員会 事務局長:笹本 潤(弁護士)

  :近藤昭一議員 電話03-3508-1020(衆議院第二議員会館402)

October 13, 2014

人権理事会27会期(9月8日~26日)では、

まず、作業部会第2会期(6月30日~7月4日)のレポートを作業部会議長が報告しました。

(作業部会議長レポート) A-HRC-27-63_en, A_HRC_WG.13_2_CRP_1

9月25日には、平和への権利に関する促進決議が上がりました。(A/HRC/27/L.15/Rev.1)HRC 27th resolution

決議の主要な点は、
1,2015年に宣言の完成を目的にして5日間の作業部会第3会期を開催する。
3,作業部会議長が、政府、地域グループ、関係者と作業部会第3会期前に非公式協議を行う。
4,作業部会議長が、作業部会第1,2会期の議論、非公式協議をもとに、改訂された新草案を用意する。そして第3会期に先だってそれを提出する。
6,作業部会にレポートを提出させ、それを人権理事会に提出する、人権理事会29会期(2015年6月)の討議のために。
です。

決議案の提出はCELAC(ラテンアメリカ・カリブ海...

August 18, 2014

国連人権理事会の3日目から5日目の議事録です。

アップがおそくなりました。

作業部会2014年7月2日①

作業部会2014年7月2日②

作業部会2014年7月3日(午後のみ)

作業部会2014年7月4日①

作業部会2014年7月4日②

議事録については、「国連」の作業部会を参照ください。

July 3, 2014

作業部会2日目。

平和を人権にしよう!と言っていたラテンアメリカのほとんどの国は会議に欠席している。

今日もどんどん議事がすすでいく。

(今日の議事録はこちら↓)

作業部会2014年7月1日(まだ)

午後は会議はなしになったので、レマン湖に散歩に行きました。

July 2, 2014

ジュネーブにある国連人権理事会。

作業部会がはじまりました。

参加者も発言も少なく、しょんぼりした会議。

これからどうなるんでしょう。

Please reload