© 2016 by Right to Peace

平和への権利とは

あなたにできること・署名

世界の動き・日本の動き

     日本

     ・韓国

     ・スペインNGO

     ・イタリアNGO

     ・スイスNGO

     ・コスタリカ

     ・ASEAN

     ・国連

     ・UNESCO

     ・平和大学

平和的生存権と9条のつながり

資料室

イベント

リンク

Facebook

Twitter

​お問い合わせ

更新日 2017年2月6日

Please reload

最新記事

2015年9月18日安保法制可決される!

September 21, 2015

全世界の平和的生存権を侵害する安保法制が参議院で可決され、法制化されてしまいました。平和への権利日本実行委員会では抗議声明を出しました。 引き続き廃案になるまで追い込みましょう。同時に、9月14日から国連事件理事会で平和への権利の審議が行われています。国連宣言を成立させて、国際的にも安保法制を追い込んでいきましょう。引き続き平和への権利国際キャンペーンへのサポートをお願いします。

 

安保法強行採決に強く抗議します

We Condemn Forcing a Vote on Security Bills

――集団的自衛権は平和的生存権を侵害します――

The Right to Collective Defense Encroaches the Right to Live in Peace

 

 安倍自公政権与党は、圧倒的多数の市民の反対意見を無視して、戦争を招きよせる安保法を強行採決しました。

The coalition government Parties – LDP and Komeito Party -, both supporting Abe Administration, make the Security Bills forcibly adopted, by ignoring an overwhelming majority of citizens against the Bills which might bring about war or armed conflicts.

 私たち、国連で審議されている平和への権利の国際法典化を目指して活動してきた平和への権利国際キャンペーン日本実行委員会は、日本国憲法の諸原則を踏みにじる暴挙に驚き、ここに強く抗議の意思を表明します。無残に踏みにじられたのは平和主義だけではありません。立憲主義、主権在民、民主主義という近代民主主義国家に共通の憲法原則が弊履のごとく投げ捨てられたのです。公務員の憲法尊重擁護義務(憲法99条)も無残にも放擲されてしまいました。

We in the Japan Executive Committee for International Campaign for the Right to Peace, on a way to realize a codification at an international level of the Right to Peace, which is under discussion at the United Nations, are astonished by such an outrage as this trampling down the spirits and principles enshrined in the Constitution of Japan, and express a strong condemnation of this outrageous behavior. What is squashed mercilessly is not limited to the very principle of pacifism. What are more flung away: the constitutionalism, the sovereignty of nation, democracy itself, such as those basic principles commonly recognized in democratic constitutions of the modern ages. The majority in the Diet take no heed to these principles as if they were useless worn slippers. Even a solemn obligation laid upon public servants to respect and uphold the Constitution (art. 99) is thrown mercilessly out of sight.

平和憲法を持つ日本は、戦争と軍備の禁止を求めた憲法9条とともに、全世界の国民(ピープル)の平和的生存権を憲法で保障する世界で唯一の国です。今回採択された安保法制によって認められる集団的自衛権の行使は、憲法9条のみならず、平和的生存権をも侵害します。

Known as its pacifist constitution renouncing war and banning armaments in its article 9, Japan is an only Nation who recognizes in the preamble of the Constitution that all the peoples of the world have the right to live in peace. The right to collective defense condoned by the Security Legislation now adopted should infringe, if put into practice, not only article 9 but also the right to live in peace.

日本国憲法前文には、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する」と書かれています。平和的生存権は、裁判例の中でも「戦争に巻き込まれない権利」「戦争行為に加担しない権利」として認められてきました。

The Constitution of Japan states in its preamble that “all the peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.” It implies in court rulings “the right not to be involved in war” and “the right not to engage in war.”

集団的自衛権の行使が認められれば、日本国民は、アメリカの起こした戦争に巻き込まれ、戦争に加担・協力することになります。憲法で保障された日本国民の平和的生存権が侵害されます。また、この平和的生存権は日本国民だけのものではなく、全世界の国民のものです。日本の集団的自衛権に基づく戦闘行為により、被害にあうのは他国の国民です。この点でも、安保法制は「全世界の国民の権利」である「平和的生存権」を侵害します。

In case of the right to collective defense in practice, the Japanese people may be involved in a war waged by the United States, and be forced to engage and cooperate in use of force. Then the right to live in peace, protected by the Constitution on behalf of the Japanese people, could be violated. Furthermore is the right to live in peace bestowed not only to the Japanese people but also all the peoples of the world. If Japan came to exercise the right to collective defense and to participate in belligerent acts, then peoples of other nations would be surely inflicted. At that point, the Security Legislation of Japan could infringe “the right to live in peace” that is recognized to all the peoples of the world.

国際社会は、個人の権利としての平和権を認める方向にあります。国連で平和への権利(平和権・Right to Peace)が審議されているのは、日本国憲法の保障する世界最高水準の平和的生存権に世界が追いつこうとしていることを表しています。

The international society today is reaching to recognizing the right to peace as an individual right. What is discussing at the United Nations as a right to peace implies that the world is coming up with the highest standard of the right to live in peace as is protected and enshrined by the Constitution of Japan.

平和的生存権を侵害する安保法制は、このような世界の平和への流れに逆行し、平和を希求する諸国民の生命と生活を脅かす危険な法律です。

The Security Legislation in infringement with the right to live in peace runs counter to the world trend to peace, and reveals itself as a hazardous law to breach life and livelihood of the peace-loving peoples.

私たちは、憲法の平和的生存権の原点に立ち戻って、

安保法制を改廃することを強く求めます。

 We urge to get back to basics of the right to live in peace enshrined in the Constitution of Japan, and to revise or abolish the Security Legislation with our utmost strength.

2015年9月19日    平和への権利国際キャンペーン日本実行委員会

September 19, 2015       

Japan Executive Committee for International Campaign for the right to peace

# JALISA office, Araki-cho 20-4-906, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan

Telephone: +81-3-3225-1020; Fax: +81-3-3225-1025

http://right-to-peace.com

 

      東京都新宿区荒木町20-4-906 日本国際法律家協会内

      電話:03-3225-1020,FAX:03-3225-1025, http://right-to-peace.com/

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square