© 2016 by Right to Peace

平和への権利とは

あなたにできること・署名

世界の動き・日本の動き

     日本

     ・韓国

     ・スペインNGO

     ・イタリアNGO

     ・スイスNGO

     ・コスタリカ

     ・ASEAN

     ・国連

     ・UNESCO

     ・平和大学

平和的生存権と9条のつながり

資料室

イベント

リンク

Facebook

Twitter

​お問い合わせ

更新日 2017年2月6日

平和への権利とは

第1条
平和への権利第1条
第2条
平和への権利第2条
第3条
平和への権利第3条
第4条
平和への権利第4条
第5条
平和への権利第5条

平和への権利のあゆみ

はじまりは、戦争で“生きること”を奪われた人々を守りたい想い

スペイン市民から成る団体(スペイン国際人権法協会)が、2005年、ひとつの権利国際人権として認めてもらうために運動を始めました。

この権利こそが平和への権利です。

2003年からイラク戦争が国連の承認を得ぬまま始められました。

    “もしこのときに、世界に「平和への権利」があれば、

  戦争を止め、“生きること”で苦しむ人々を救えるのではないか“

市民一人ひとりが導いた平和への権利

スペインからはじまった平和のための一滴は、世界中のNGOを巻き込み大きな波へと成長を遂げます。

世界各地で国際NGO会議を開き、専門家や市民の声を集め世界の市民による平和への声として宣言を出しました。

2006年スペインでは、「ルアルカ宣言」の採択を機に、「ビルバオ宣言」、「バルセロナ宣言」の採択へと継きました。そして、アジア、アフリカ、南北アメリカでも市民一人ひとりがNGOとして30回以上の議論を経て、2010年12月には、世界900ものNGOが終結し、多くの専門家や各NGOの平和への考えを人権として反映させた「サンティアゴ宣言」が採択されました。

平和を人権として謳うサンティアゴ宣言

サンティアゴ宣言は、「平和」の意味の多義性を人権という視点から実現させようとしています。

それは、戦争や軍事的行動の否定だけでなく、貧困などの構造的暴力や差別や偏見を生みだす文化的暴力の否定も含まれています。

市民から国連へ「平和への権利」のお届け物

NGOによってつくられた「サンティアゴ宣言」が2011年に正式に国連に提出されたことにより、平和への権利は、議論の場を国連に移しました。平和への権利を国連人権理事会で国際宣言として採択するため、サンティアゴ宣言は国連の諮問委員会草案として「国連宣言案を検討するための作業部会」で、2013年から2015年にかけてNGOと政府によって議論がなされました。

平和への権利宣言の誕生へ

2016年7月1日、平和への権利宣言がキューバ政府の提案により、国連人権理事会32会期で正式に採択され、国連総会に提出されました、これには、世界中のNGOが驚かされました。そして遂に同年11月、国連総会31会期において平和への権利は国際宣言として採択されました。

これからの平和への権利宣言――あなたにできること

平和への権利は、国際宣言として採択されましたが、一人ひとりの平和を権利として保障するためにはここからが正念場です。国際宣言が国際条約として各国に批准され、平和が人権として市民の手に戻ってくるためにも、あなたの協力が必要です。平和への権利がより良い人権として、平和のうちに生きることを私たち自身の手で実現していきましょう。署名にご協力を宜しくお願いします。

Download petition form

署名用紙

​ダウンロード

 

平和への権利宣言(A/RES/71/189)

Declaration on the Right to Peace

 

The General Assembly,

 

Guided by the purposes and principles of the Charter of the United Nations,

 

Recalling the Universal Declaration of Human Rights, the International Covenant on Civil and Political Rights, the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights and the Vienna Declaration and Programme of Action,

 

Recalling also the Declaration on the Right to Development, the United Nations Millennium Declaration, the 2030 Agenda for Sustainable Development, including the Sustainable Development Goals, and the 2005 World Summit Outcome,

 

Recalling further the Declaration on the Preparation of Societies for Life in Peace, the Declaration on the Right of Peoples to Peace and the Declaration and Programme of Action on a Culture of Peace, and other international instruments relevant to the subject of the present declaration,

 

Recalling the Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples,

 

Recalling also that the Declaration on Principles of International Law concerning Friendly Relations and Cooperation among States in accordance with the Charter of the United Nations solemnly proclaimed the principle that States shall refrain in their international relations from the threat or use of force against the territorial integrity or political independence of any State, or in any other manner inconsistent with the purposes of the United Nations; the principle that States shall settle their international disputes by peaceful means in such a manner that international peace and security and justice are not endangered; the duty not to intervene in matters within the domestic jurisdiction of any State, in accordance with the Charter; the duty of States to cooperate with one another in accordance with the Charter; the principle of equal rights and self-determination of peoples; the principle of the sovereign equality of States; and the principle that States shall fulfil in good faith the obligations assumed by them in accordance with the Charter,

 

Reaffirming the obligations of all Member States, as enshrined in the Charter, to refrain in their international relations from the threat or use of force against the territorial integrity or political independence of any State, or in any other manner inconsistent with the purposes of the United Nations, and to settle their international disputes by peaceful means in such a manner that international peace and security and justice are not endangered,

 

Acknowledging that the fuller development of a culture of peace is integrally linked to the realization of the right of all peoples, including those living under colonial or other forms of alien domination or foreign occupation, to self-determination enshrined in the Charter and embodied in the International Covenants on Human Rights, as well as in the Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples contained in General Assembly resolution 1514 (XV) of 14 December 1960,

 

Convinced that any attempt aimed at the partial or total disruption of the national unity and territorial integrity of a State or country or at its political independence is incompatible with the purposes and principles of the Charter, as stated in the Declaration on Principles of International Law concerning Friendly Relations and Cooperation among States in accordance with the Charter of the United Nations, contained in General Assembly resolution 2625 (XXV) of 24 October 1970,

 

Recognizing the importance of the settlement of disputes or conflicts through peaceful means,

 

Deeply deploring all acts of terrorism, recalling that the Declaration on Measures to Eliminate International Terrorism declared that acts, methods and practices of terrorism constitute a grave violation of the purposes and principles of the United Nations and may pose a threat to international peace and security, jeopardize friendly relations among States, threaten the territorial integrity and security of States, hinder international cooperation and aim at the destruction of human rights, fundamental freedoms and the democratic bases of society, and reaffirming that any acts of terrorism are criminal and unjustifiable regardless of their motivations, whenever and by whomsoever committed,

 

Stressing that all measures taken in the fight against terrorism must be in compliance with the obligations of States under international law, including international human rights, refugee and humanitarian law, as well as those enshrined in the Charter,

 

Urging all States that have not yet done so to consider, as a matter of priority, becoming parties to international instruments related to terrorism,

 

Reaffirming that the promotion and protection of human rights for all and the rule of law are essential to the fight against terrorism, and recognizing that effective counterterrorism measures and the protection of human rights are not conflicting goals, but are complementary and mutually reinforcing,

 

Reaffirming also the determination of the peoples of the United Nations as expressed in the Preamble to the Charter to save succeeding generations from the scourge of war, to reaffirm faith in fundamental human rights, to promote social progress and better standards of life in larger freedom, and to practice tolerance and live together in peace with one another as good neighbours,

 

Recalling that peace and security, development and human rights are the pillars of the United Nations system and the foundations for collective security and well-being, and recognizing that development, peace and security and human rights are interlinked and mutually reinforcing,

 

Recognizing that peace is not only the absence of conflict but also requires a positive, dynamic participatory process where dialogue is encouraged and conflicts are solved in a spirit of mutual understanding and cooperation, and socioeconomic development is ensured,

 

Recalling that the recognition of the inherent dignity and the equal and inalienable rights of all members of the human family is the foundation of freedom, justice and peace in the world, and recognizing that peace is promoted through the full enjoyment of all inalienable rights derived from the inherent dignity of all human beings,

 

Recalling also that everyone is entitled to a social and international order in which the rights and freedoms set forth in the Universal Declaration of Human Rights can be fully realized,

 

Recalling further the world commitment to eradicate poverty and to promote sustained economic growth, sustainable development and global prosperity for all, and the need to reduce inequalities within and among countries,

 

Recalling the importance of the prevention of armed conflict in accordance with the purposes and principles of the Charter and of the commitment to promote a culture of prevention of armed conflict as a means of effectively addressing the interconnected security and development challenges faced by peoples throughout the world,

 

Recalling also that the full and complete development of a country, the welfare of the world and the cause of peace require the maximum participation of women, on equal terms with men in all fields,

 

Reaffirming that, since wars begin in the minds of human beings, it is in the minds of human beings that the defence of peace must be constructed, and recalling the importance of the settlement of disputes or conflicts through peaceful means,

 

Recalling the need for strengthened international efforts to foster a global dialogue for the promotion of a culture of tolerance and peace at all levels, based on respect for human rights and diversity of religions and beliefs,

 

Recalling also that development assistance and capacity-building based on the principle of national ownership in post-conflict situations should restore peace through rehabilitation, reintegration and reconciliation processes involving all those engaged, and recognizing the importance of the peacemaking, peacekeeping and peacebuilding activities of the United Nations for the global pursuit of peace and security,

 

Recalling further that the culture of peace and the education of humanity for justice, liberty and peace are indispensable to the dignity of human beings and constitute a duty that all nations must fulfil in a spirit of mutual assistance and concern,

 

Reaffirming that the culture of peace is a set of values, attitudes, traditions and modes of behaviour and ways of life, as identified in the Declaration on a Culture of Peace, and that all this should be fostered by an enabling national and international environment conducive to peace,

 

Recognizing the importance of moderation and tolerance as values contributing to the promotion of peace and security,

 

Recognizing also the important contribution that civil society organizations can make in building and preserving peace, and in strengthening a culture of peace,

 

Stressing the need for States, the United Nations system and other relevant international organizations to allocate resources to programmes aimed at strengthening a culture of peace and upholding human rights awareness through training, teaching and education,

 

Stressing also the importance of the contribution of the United Nations Declaration on Human Rights Education and Training to the promotion of a culture of peace,

 

Recalling that respect for the diversity of cultures, tolerance, dialogue and cooperation, in a climate of mutual trust and understanding, are among the best guarantees of international peace and security,

 

Recalling also that tolerance is respect, acceptance and appreciation of the rich diversity of our world’s cultures, our forms of expression and ways of being human, and the virtue that makes peace possible and contributes to the promotion of a culture of peace,

 

Recalling further that the constant promotion and realization of the rights of persons belonging to national or ethnic, religious and linguistic minorities as an integral part of the development of a society as a whole and within a democratic framework based on the rule of law would contribute to the strengthening of friendship, cooperation and peace among peoples and States,

 

Recalling the need to design, promote and implement, at the national, regional and international levels, strategies, programmes and policies, and adequate legislation, which may include special and positive measures, for furthering equal social development and the realization of the civil and political, economic, social and cultural rights of all victims of racism, racial discrimination, xenophobia and related intolerance,

 

Recognizing that racism, racial discrimination, xenophobia and related intolerance, where they amount to racism and racial discrimination, are an obstacle to friendly and peaceful relations among peoples and nations, and are among the root causes of many internal and international conflicts, including armed conflicts,

 

Inviting solemnly all stakeholders to guide themselves in their activities by recognizing the high importance of practicing tolerance, dialogue, cooperation and solidarity among all human beings, peoples and nations of the world as a means to promote peace; to that end, present generations should ensure that both they and future generations learn to live together in peace with the highest aspiration of sparing future generations the scourge of war,

 

Declares the following:

平和への権利宣言(仮訳)

 

国連総会は、
 
国連憲章の目的及び原則に導かれ、
 


世界人権宣言、市民的及び政治的権利に関する国際規約、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約、並びに、ウィーン宣言及び行動計画を想起し、
 


また、発展の権利に関する宣言、国連ミレニアム宣言持続可能な開発目標を含む、持続可能な開発のための2030アジェンダ、そして2005年世界サミット成果文書をも想起し、


 


さらに、平和的生存のための社会の準備に関する宣言、平和に対する人民の権利宣言、平和の文化に関する宣言と行動計画、かつ、この宣言の主題に関連する他の国際文書を想起し、
 

 


植民地諸国及びその人民に対する独立の付与に関する宣言を想起し、

 
国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならないという原則、国家は、その国際紛争を平和的手段によって国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決しなければならないという原則、国連憲章に従って、いかなる国の国内管轄権内にある事項にも干渉しない義務、国連憲章に従って、国が相互に協力すべき義務、人民の同権及び自決の原則、国家の主権平等の原則、並びに国が、国連憲章に従って負っている義務を誠実に履行するという原則を、国連憲章に従った国間の友好関係及び協力についての国際法の原則に関する宣言が、厳粛に宣言したことを想起し、

 

 

 

 

その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、または、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎み、かつ、その国際紛争を平和的手段によって国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決するための、国連憲章に掲げられているすべての加盟国の義務を再確認し、
 


平和の文化のより十分な発展には、1960年12月14日国際連合総会決議1514(XV)に盛り込まれている植民地諸国及びその人民に対する独立の付与に関する宣言と同様に、国連憲章に掲げられ、かつ、国際人権規約に具体化されている、植民地その他の形態の外国による支配又は占領の下にある人民を含む全ての自決権の実現と一体的に結びついていることを確認し、
 

 

1970年10月24日国際連合総会決議2625(XXV)に盛り込まれている国際連合憲章に従った国間の友好関係及び協力についての国際法の原則に関する宣言に規定されているように、国又は領域の国民的統一及び領土保全の部分的又は全体的破壊に対して、又はその政治的独立に対して行われるいかなる試みも、国際連合憲章の目的及び原則に反することを確信して、
 

 

平和的手段による紛争又は争議の解決の重要性を認め、
 


テロリズムの全ての行為を深く憂慮し、国際テロリズムに関する廃絶措置宣言がテロリズムの全ての行為、方法、及び実行が、国際連合の目的及び原則の重大な侵害を引き起こすものであり、かつ、国際の平和及び安全に対して脅威となり、国の友好関係を害し、国の領土保全及び安全を脅かし、国際協力を妨げ、人権、基本的自由及び社会の民主的基盤の破壊を目的とするものであることを認めたことを想起し、テロリズムのいかなる行為も、行われたとき及び行った者のいかんを問わず、犯罪であり、かつ、正当化することのできないものであることを再確認し、
 

 


テロリズムとの闘いにおける全ての措置は、国連憲章に掲げられているものと同様に、国際人権法、難民法及び国際人道法を含む、国際法のもとでの義務に従わなければならないことを強調し、
 

テロリズムにかかわる国際条約の当事国となっていないすべての諸国に、当事国になることを優先事項として考慮することを要請し、
 
すべての者のための人権促進と保護及び法の支配は、テロリズムとの闘いに必要不可欠であることを再確認し、効果的なテロ対策措置と人権の保護は矛盾する目標ではなく、補完及び相互補強であることを認め、

 


国連憲章前文に掲げられているとおり、戦争の惨害から将来の世代を救い、基本的人権に関する信念をあらためて確認し、一層大きな自由の中で社会的進歩とより良い生活水準とを促進し、かつ、寛容を実行し、また、善良な隣人として互いに平和に生活するための連合国の人民の決定を再確認し、
 

 

 


平和と安全、開発と人権は、国連システムの柱であり、集団的安全と福祉のための基盤であることを想起し、開発、平和及び安全、人権は関連しあうものであり、相互に補強するものであること認め、


 
平和とは、紛争のない状態だけでなく、相互理解及び相互協力の精神で対話が奨励され、紛争が解決され、並びに、社会経済的発展が確保される積極的で動的な参加型プロセスを追求することを認め、

 


人類社会すべての構成員の固有の尊厳と平等で不可譲の権利への認識は、世界における自由、正義及び平和の基礎であることを想起し、平和が人間の固有の尊厳に由来する不可譲の権利の完全な享受により促進されることを認め、
 

 

 


すべての人は、世界人権宣言に掲げる権利及び自由が完全に実現される社会的及び国際的秩序に対する権利を有することをも想起し、


 

さらに、貧困を根絶し、すべての者のための持続的経済成長、持続可能な開発及び世界の繁栄を促進する世界的な取り組み、かつ、各国内及び各国間の不平等を縮小する必要性を想起し、
 

世界中の人民が直面する相互連関的な安全及び開発課題に効果的に対処する手段としての国連憲章の目的及び原則に従った武力紛争予防及び武力紛争予防の文化を促進する取り組みの重要性を想起し、
 

 


国の十分かつ完全な開発、世界の福祉及び平和は、あらゆる分野における男性と対等な条件での最大限の女性参加を追求することをも想起し、
 

戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならないことを再確認し、平和的な手段による紛争を解決する重要性を想起し、
 

人権及び宗教と信念の多様性の尊重を基礎とし、あらゆるレベルで寛容及び平和の文化を促進する世界的な対話を促進させる強化された国際的な努力の必要性を想起し、
 


紛争後の状況における国家オーナーシップ原則を基礎とした開発援助及び能力強化は、携わるすべての者を関与する社会復帰、社会再統合及び和解の過程を通じて平和を回復すべきであることをも想起し、かつ、平和及び安全の地球的規模の追求のために国際連合の平和創造、平和維持及び平和構築活動の重要性を認め、
 

 

さらに、平和の文化及び正義、自由、平和のための人類の教育とは、人間の尊厳に欠くことのできないものであり、かつ、すべての国民が相互の援助及び相互の関心の精神を持って果たされなければならない義務であることを想起し、
 


平和の文化は、平和の文化に関する宣言で確認されるように、価値観、態度、行動の伝統及び様式、かつ、生き方から成る一連のものであり、このすべてのことは、平和への寄与する国内的及び国際的環境によって育まれるべきであることを再確認し、
 

平和及び安全の促進に貢献する価値観として緩和及び寛容の重要性を認め、
 

平和を構築し、平和を維持し、平和の文化を強化する中で、市民社会組織がし得る重要な貢献を認め、
 

国家、国際連合及び他の関連ある国際機構が、訓練、指導、教育を通じて平和の文化を強化し、かつ、人権意識を保つことを目的としたプログラムへ資源を分配する必要性を強調し、
 


さらに、平和の文化の促進に対する人権教育・研修に関する国際宣言の貢献の重要性も強調し、


 


相互の信頼と理解を根底にして、文化の多様性、寛容、対話、協力を重んじることが世界の平和と安全を保証する最善策であることを想起し、

 


寛容とは、我々の世界の文化、表現形態及び人間の在り方の豊かな多様性の尊重、受容及び理解であり、平和を可能にし、平和の文化に貢献する美徳であることを想起し、

 

 


さらに、法の支配を基礎とした社会全体及び民主的枠組みのなかでの発展における不可分な要素として、民族的または種族的、宗教的及び言語少数者に属する人々の権利の継続的な促進及び実現は、人民及び国家間の友好、協調、平和を強化することに対する貢献であろうことを想起し、

 


平等な社会発展を進め、人種主義、人種差別、外国人排斥および関連ある不寛容の犠牲者すべての市民、政治、経済、社会、文化的権利を実現するために、国家、地域及び国際レベルで戦略、計画及び政策、並びに特別な積極的措置を含む適切な立法を立案し、促進し、実施することを想起し、
 

 

人種主義、人種差別、外国人排斥、及び人種主義及び人種差別に等しい場合にはそれらに関連ある不寛容は、人民と国の間の友好で平和な関係の障害となり、武力紛争を含む多くの国内紛争や国際紛争の根因となることを認め、
 


平和を推進する手段として、全人類、世界の人民及び国の間の寛容、対話、協力及び連帯を実践することが非常に重要であると認識することにより、自らの活動を進めることを全ての関係者らに厳粛に招請し、そのためにも、現在及び将来の世代の双方が、将来の世代を戦争の惨害に遭わせないという最も高邁な志と共に平和のうちに共に生きることを学ぶよう現在の世代が確保すべきであり、
 


以下のとおり宣言する。

 

Article 1

Everyone has the right to enjoy peace such that all human rights are promoted and protected and development is fully realized.

第1条
すべての人は、すべての人権が促進され保護され、かつ発展が十分に実現するような平和を享受する権利を有する。

 

Article 2

States should respect, implement and promote equality and non-discrimination, justice and the rule of law and guarantee freedom from fear and want as a means to build peace within and between societies.

第2条

国家は、社会内及び社会相互間の平和を構築する手段として、平等及び無差別、正義、並びに法の支配を尊重し、実施し、促進し、かつ恐怖及び欠乏からの自由を保障しなければならない。

 

Article 3

States, the United Nations and specialized agencies should take appropriate sustainable measures to implement the present Declaration, in particular the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization. International, regional, national and local organizations and civil society are encouraged to support and assist in the implementation of the present Declaration.

第3条

国家、国際連合及び専門機関、とりわけ国際連合教育科学文化機関は、この宣言を実施するための適切かつ持続可能な措置をとらなければならない。国際機関、地域的機関、国内機関、地方機関及び市民社会は、この宣言の実施を支援し、援助することを奨励される。

 

Article 4

International and national institutions of education for peace shall be promoted in order to strengthen among all human beings the spirit of tolerance, dialogue, cooperation and solidarity. To this end, the University for Peace should contribute to the great universal task of educating for peace by engaging in teaching, research, post-graduate training and dissemination of knowledge.

第4条

平和のための教育に関する国際及び国内機関は、すべての人の相互間に、寛容、対話、協力及び連帯の精神を強化するために促進されなければならない。この目的のために、平和大学は、教育、研究、大学卒業後の研修、及び知識の普及によって、平和のための教育という重大かつ普遍的な課題に貢献するものとする。

 

Article 5

Nothing in the present Declaration shall be construed as being contrary to the purposes and principles of the United Nations. The provisions included in the present Declaration are to be understood in accordance with the Charter of the United Nations, the Universal Declaration of Human Rights and relevant international and regional instruments ratified by States.

第5条

この宣言のいかなる内容も、国際連合の目的及び原則に反すると解釈されてはならない。この宣言の諸規定は、国際連合憲章、世界人権宣言、及び諸国家によって承認された国際的及び地域的文書に沿って理解されるものとする。

(翻訳:本庄未佳)